新たな移転価格文書化規定への対応        

〜マスターファイル、国別ファイル、ローカルファイルとは〜

2015年01月15日(木)  18:30 ~ 19:30  (18:00 開場)

Galleria商.Tokyo(千葉商科大学、丸の内サテライトキャンパス)
東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル1F  


【概要】

日本においても2016年を目処に、移転価格文書化資料の準備義務又は一部資料の提出義務が検討されています。移転価格文書化資料を準備する場合、過去のリスクが顕在化する可能性もあり、早い段階で準備にとりかかることが重要です。
本セミナーでは、今後求められるマスターファイル、国別ファイル、ローカルファイルという3つの文書化資料の概要を説明し、今後企業に求められる対応についてご説明致します。


【申込期限】

2015年01月09日(金)


【金額】

個人会員・法人会員 無料
一般 5000円
会員からのご紹介 3000円
デルタウィンCFO会員 3000円

まずは無料相談

移転価格に関するご質問、お見積など無料にてお気軽にご相談を!

上記ボタンか03-5843-8666

移転価格税制とは
移転価格ポリシー構築
移転価格文書化とは
移転価格調査対応
事前確認申請(APA)
移転価格の税務調査対応マニュアル