『移転価格税務調査・課税』の具体的事例とその対応方法

開催日:2015年3月4日(火)13:00~17:00

会場:東京都千代田区麹町5丁目7番2号 麹町31MTビル2階

東京メトロ 有楽町線「麹町駅」1番出口より徒歩5分JR線

受講料:企業研究会 会員32,400円、一般 35,640円

 

開催にあたって

   経理・税務・財務部門などの関係部門において、「移転価格」を担当することになった方は恐らく、書籍などを
通じて「移転価格税制」という制度、仕組みについての理解を深められるものと思います。
   一方で、実際に移転価格調査を受けたことが無い担当者様にとっては、調査が来た場合どう対応すべきか、また
事前に何を準備すべきかについて具体的なイメージが湧かない面もあるかと思われます。
   本セミナーでは、移転価格税制の基礎について概説したうえで、実際の税務調査の現場および課税事例をご理解
いただき、その対応方法を、一連の流れに則して解説する実践的なセミナーです。
   税務当局への対応に加えて、近年、作成が求められる「移転価格文書」の作成実務も解説いたします。


 プログラム

1.近年の移転価格課税の執行状況
        ・小規模取引への課税の増加
        ・調査を受けた際に課税を受けている企業の割合

2.移転価格調査はどのようにおこなわれ、何を聞かれるのか
      (1)国税局の組織
      (2)国税局とのミーティング
      (3)工場見学、関連部署とのミーティング
      (4)資料の提出依頼
      (5)国税局からの初回意見書
      (6)納税者からの反論
      (7)国税局の最終判断、更正の通知

3.具体的な課税事例と税務当局の判断
      (1)製品・部品取引での課税事例     
      (2)役務提供取引での課税事例
      (3)連結赤字の場合における課税事例
      (4)ロイヤリティ取引での課税事例
      (5)海外に所得が偏っていても課税を受けなかった事例

4.移転価格課税を受けないための対応
      (1)移転価格調査対応
               ・調査対応の基本戦略の策定
               ・インタビューの受け方
               ・提出資料の提出方法の検討
               ・納税者の主張
               ・税務当局からの意見への反論
      (2)移転価格調査に備えた事前準備
               ・移転価格文書化
               ・移転価格ポリシーの構築
               ・移転価格文書の意義と要件
               ・移転価格文書の移転価格調査における効果
      (3 )事前確認申請
               ・申請書の作成
               ・移転価格ポリシーの構築
               ・相互協議の現場と事前確認の有効性

まずは無料相談

移転価格に関するご質問、お見積など無料にてお気軽にご相談を!

上記ボタンか03-5843-8666

移転価格税制とは
移転価格ポリシー構築
移転価格文書化とは
移転価格調査対応
事前確認申請(APA)
移転価格の税務調査対応マニュアル