ロケーションセイビング・マーケットプレミアム・グループシナジーに係る利益の帰属に関する最近の議論

月刊国際税務

弊所代表の記事が月刊国際税務12月号(12月5日発行)に掲載されました。

近年、OECDガイドラインの改訂作業が進められており、その中で特に実務への影響の大きい無形資産の取り扱いに関する議論の状況について解説しています。

 

ロケーションセイビング、マーケットプレミアム、グループシナジーによる利益の帰属をどう取り扱うかについて、現在、世界ではどのような議論・考え方がなされているのか、詳しくは本誌をご参照下さい。