各国の移転価格税制

 移転価格税制は、国際間の所得配分を司る税制であるため、各国が同一の考えに基づいていなければ国家間の協議もまとまりません。そのため、各国(特にOECD加盟国)は、OECDガイドラインと呼ばれるガイドラインに従って移転価格税制を定めており、移転価格の算定方法については、統一的な制度が設けられています。  

 一方で、課税に係る時効の年数や文書化を行っていない場合の罰金などは、各国の法人税法に準じて定められているため、様々です。また、税務当局の課税に対する姿勢や、移転価格税制の執行の経験値も様々であるため、国によって移転価格に対する対応方法も変わってきます。以下、各国の移転価格税制の特徴について記載致します。

 

アジア等

中国

台湾

香港

韓国

タイ

ベトナム

インドネシア

シンガポール

マレーシア

フィリピン

インド 

 

北米

米国(アメリカ合衆国)

カナダ

 

南米

ブラジル

チリ

メキシコ  

 

オセアニア

オーストラリア

 

欧州

イギリス

オランダ

スイス

フランス

ドイツ

スペイン

イタリア

ベルギー

ポーランド

 

アフリカ

南アフリカ共和国

 

ロシア

ロシア連邦

 

まずは無料相談

移転価格に関するご質問、お見積など無料にてお気軽にご相談を!

上記ボタンか03-5843-8666

移転価格税制とは
移転価格ポリシー構築
移転価格文書化とは
移転価格調査対応
事前確認申請(APA)
移転価格の税務調査対応マニュアル