スイスの移転価格税制

スイスの移転価格税制

【近年の傾向】 (2012年5月現在)

スイスの移転価格税制は、グローバルスタンダードであるOECDガイドラインに完全に準拠した内容となっている。

スイス当局は、近年移転価格の問題について重要視し始めている。

 

 

 

 

【基本情報】

①税務当局

Eidgenössische Steuerverwaltung
(ESTV) [Federal Tax Administration]

 

②移転価格課税の時効

10年。

 

③移転価格に関する開示義務

なし 

 

⑤移転価格算定方法

独立価格比準法(CUP法)、再販売価格基準法(RP法)、原価基準法(CP法)

利益法(取引単位営業利益率法(TNMM)、比較利益分割法)

 

*比較的、基本三法が好まれる傾向がある。

 

⑥移転価格課税に係るペナルティー

通常の法人課税に係るペナルティーが適用される。

 

⑦使用言語

原則ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語のいずれかだが、文書化は英語でも認められる。

まずは無料相談

移転価格に関するご質問、お見積など無料にてお気軽にご相談を!

上記ボタンか03-5843-8666

移転価格税制とは
移転価格ポリシー構築
移転価格文書化とは
移転価格調査対応
事前確認申請(APA)
移転価格の税務調査対応マニュアル