ベルギーの移転価格税制

ベルギー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【基本情報】  (2012年5月現在)

①税務当局

Federale Overheidsdienst Financiën

Service Public Fédéral Finances

 

②移転価格税制の課税対象

明確な規定は無いが、支配関係にあるか否かで判断されることとなる。

 

③移転価格課税に係る更正期限

原則3年であるが、悪質な租税回避とみなされた場合7年となる。

 

④移転価格に関する開示義務

原則として無いが、特定のグループ間役務提供取引について開示を求められることがある。

 

⑤文書化資料を準備しない場合のペナルティー

無し。

 

⑥移転価格算定方法

OECDガイドラインに準拠しており、TNMMの適用も認められる。

 

⑦移転価格課税に係るペナルティー

規定上、追徴税額の10%~200%を加算税として課すことができるが、適用されることはそれほど多くない。

 

⑧比較対象会社の選定

汎ヨーロッパを対象として選定することが認められる。

 

⑨相互協議及びAPA

ベルギー当局は相互協議に関してもある程度経験があり、二重課税は解消できる可能性がある。

また、APAの制度については整備が進んでおり、APAの取得は比較的スムーズに進むものと考えられる。

 

⑩使用言語

地域によってドイツ語かフランス語が使用されるが、英語での文書化資料の準備も認められる。

まずは無料相談

移転価格に関するご質問、お見積など無料にてお気軽にご相談を!

上記ボタンか03-5843-8666

移転価格税制とは
移転価格ポリシー構築
移転価格文書化とは
移転価格調査対応
事前確認申請(APA)
移転価格の税務調査対応マニュアル