香港の移転価格税制

香港

【近年の動向】  (2019年5月26日更新)

香港では、近年租税条約のネットワークを急速に拡大しており、20151月末時点で日本を含む32カ国と二重課税排除の協定を結んでいる。これにより、APAなどの国家間交渉が行われる環境の整備が進み、2014年には日本、オランダと2件の二国間APAを締結している。

なお、APAについては原則二国間又は多国間のAPAを前提としているが、場合によってはユニラテラルAPAも申請可能である。

また、20149月には自動的情報交換の枠組への賛同を表明し、2018年に移転価格税制が改正され、BEPS行動13に基づいて移転価格文書化規定が整備された。

 

【基本情報】

①税務当局

Inland Revenue Department (IRD)

 

②移転価格税制の課税の対象

国内外の関連者間取引。関連者の判断に際しては特段の数値基準は無く、持ち分や実質から判断して支配関係にあれば関連者とみなされる。

 

③移転価格文書化義務

BEPS行動計画13に従った形で、香港のローカル法により移転価格文書の準備義務が定められている。

 

【ローカルファイル】

適用年度:2018年4月1日以降

作成期限:香港法人の会計年度終了の日から9ヶ月以内

準備が無い場合のペナルティ:50,000HKD又は100,000HKDの罰金

 

【マスターファイル】

適用年度:2018年4月1日以降

作成期限:香港法人の会計年度終了の日から9ヶ月以内

準備が無い場合のペナルティ:50,000HKD又は100,000HKDの罰金

 

【CbCレポート】

適用年度:2018年1月1日以降

作成期限:最終親会社の会計年度終了の日から1年以内

 

準備が無い場合のペナルティ:50,000HKD又は100,000HKDの罰金

 

④移転価格算定方法

独立価格比準法(CUP法)、原価基準法(CP法)、再販売価格基準法(RP法)、取引単位営業利益法(TNMM)、利益分割法及びその他の方法。

最も適切な方法を適用することとされるが、伝統的な取引基準法(CUP法、再販売価格基準法、原価基準法)が利益基準法(TNMM、利益分割法等)に優先する。

 

⑤移転価格課税の時効

6年間(不正の場合には10年)

 

⑥罰則等

移転価格固有の罰則は無く、通常の法人課税に係るペナルティー(10,000HKD~100,000HKDの追徴金)が適用される。

 

⑦相互協議・事前確認申請(APA)

20124月より事前確認申請(APA)が導入された。APAは原則としては二国間又は多国間APAを前提としているが、場合によってはユニラテラルAPAも申請可能。

租税条約ネットワークは拡大しており、日本との租税条約も締結・発効していることから、課税後の相互協議・APAとも試み易い環境作りが進められている。

 

⑧使用言語

移転価格文書は中国語又は英語。

 

 

まずは無料相談

移転価格に関するご質問、お見積など無料にてお気軽にご相談を!

上記ボタンか03-5843-8666

移転価格税制とは
移転価格ポリシー構築
移転価格文書化とは
移転価格調査対応
事前確認申請(APA)
移転価格の税務調査対応マニュアル