【は行】


  • 補償調整 (Compensating Adjustment)

補償調整とは、事前確認を締結している場合において、確認対象期間中の確認対象取引に係る実績値が確認内容に適合しない(例えば、合意したレンジに収まらない)ことが判明したときに、納税者が自ら行う取引価格の調整のことをいいます。

具体的には、補償調整の発生を認識したときに確認法人が申告調整又は修正申告(もしくは更正の請求)を行うことによって、税務上、事前確認内容に則った取引価格で取引を行った場合に実現したであろう所得に対して課税を受けることになります。