【や行】


  • 有償性(Onerousness

ある活動が役務提供として対価の授受が必要となるものかどうかを判断する基準として、かつて使われていた言葉です。役務提供に関する基本的な考え方は大きく変わっていませんが、2020年現在、事務運営指針3-10では、「経済的又は商業的価値を有するものかどうか」によって活動が役務提供に該当するかどうかを判断することになっています。